Sendy Businessインタビュー 【デザイン編】

Jul 16, 2021
センディビジネスの導入事例インタビュー : デザイン編

Sendy(センディ)は、ユーザーへのインタビューを実施し、前回のブログでは企業様ごとに導入事例をご紹介しました。

本記事ではSendy Businessを利用している法人様の中からで割合の多かった業種に焦点を当て業種別にインタビュー内容をお伝えしたいと思います。センディ利用前にどのような課題点があり、その課題点をセンディでどのように解決したのかを具体的にご紹介します。

Sendy(センディ)について

Sendyは、グローバルファイル転送サービス『Send Anywhere』の提供で培った弊社独自のの大容量ファイル転送技術とオンラインストレージが組み合わさったサービスです。ニーズに合わせたさまざまプランを提供し、Sendy Businessは法人用サービスとして1人3TBの豊富なオンラインストレージを提供しています。1回最大50GBまでの大容量ファイルも高速で転送できます。 パワフルでビジネスに最適化した特徴で、映像や文書、さまざまなファイルを転送し、業務の効率性を高める仕事効率化ツールとしてご利用いただいております。

書面インタビューの結果

今回、ご紹介する業種はセンディのお客様の中で最も比率の多い「デザイン」関連です。Figs3Dと Visual Makerの2社のインタビュー内容をご紹介いたします。

デザイン業種においては、仕事の性質上、大容量のファイルを頻繁に扱い、かつ作業中のフィードバックのやりとりが重要です。 このような業務内でセンディがどのような役割を果たしているのかお聞きしました。

①Figs 3D

Figs3Dのロゴ

Figs3Dは、3Dプリンティングのための3Dモデリング講座や建築/土木/製品関連の鳥瞰図、透視図、3Dプリント用のビデオ制作を専門としています。


「弊社では主に1GB~10GBのファイルを扱っています。クライアントから依頼された作業ファイルをチーム内で共有し、クライアント企業とのファイル共有で作業を進めています。

この時にいつも不便を感じていたのは、既存のサービスは通信速度が非常に遅く、広告も多く、セキュリティが安定しないなどの問題があったことです。

この不便さを解消するために別のサービスを探していたところ、センディと出会い、今まで頭を悩ませていた問題点を解決できました。

Sendy Businessでは、1人あたり3TBという大容量のクラウドを提供しているため、チームドライブに作業中のファイルをアップロードして、チームメンバーとの共有が簡単でした。フォルダを共有する際に権限を個別に設定できることや、ファイルを転送する際にパスワードや有効期限を設定することで、外部のクライアントと共有する際にも適切な共有権限が与えられ、セキュリティを高めることができました。

何よりも、大きなファイルを転送できるところが一番よかったです。先にも言いましたが、10GBなどの大容量ファイルを共有時、センディは他のサービスと比べて圧倒的なスピードで一気にファイルを送ることができ、仕事のストレスも軽減し、時間も短縮できました。」


②Visual Maker

ビジュアルメーカー

Visual Maker(ビジュアルメーカー)は、ブランディング、映像、撮影、編集デザイン、スタジオ、マーケティング、広告、文化企画、個人メディアなど、幅広い分野のサービスを提供し、各企業に最適なカスタマイズソリューションを提供するデザイン&マーケティングのトータルソリューションカンパニーです。


「私たちの会社では、映像、撮影、編集デザイン、スタジオ、マーケティング、広告などの仕事をしており、平均2~10GBのファイルを占めるコンテンツを制作しているため、ファイルを転送/共有できるプログラムが必要でした。

センディは、大容量のファイルを高速で転送でき、豊富なクラウド内でのファイルのアップロード/ダウンロードも高速なので、業務の役に立っています。チーム内のメンバー間のファイル共有も高速で、作業が非常にスピードアップしました。

センディを使う前は、クライアントへの最終的な成果物の送信や、外部の編集者へのファイルの送信時にEメールを使用していましたが、容量制限で不便を感じることが多かったです。

しかし、センディを使ってメールで送れば、50GBまで送ることができるので、容量制限のストレスが解消され、簡単にファイルを転送できるようになりました。」


デザイン業務ならSendy!

Sendy Businessをご利用中のお客様からファイルのアップロード、ダウンロード、転送の高速化、便利な機能の追加など、ビジネスを加速させ、仕事の効率を上げることができるという意見をいただきました。

改めて、ご協力いただいた関係者の皆様に感謝申し上げます。また、皆様の貴重なご意見をもとに、今後もサービスの改善・向上に努めてまいります。

デザイン関連の仕事で大容量のファイル転送にストレスを感じている方は、Sendy Businessを利用して問題点を解消し、効率的に仕事をはじめてみてはいかがでしょうか。

今すぐSendy Businessを開始して効率性の高い仕事を実現しましょう!!

Sendy Business

仕事効率化センディ