Sendyクラウドの使い方

Aug 30, 2021

転送機能と併せて使うことでもっと便利になる「Sendyクラウド」!

本記事では、 Sendyクラウドでファイルやフォルダを扱う際により効果的な活用ができるメニューや機能をご紹介します。ファイルを保存するだけでなく、ファイル共有やコメントができるクラウドのさまざまな機能をさっそく見てみましょう!

名前変更 & プレビュー機能

step 1. クラウドのマイドライブで右側にあるファイル/フォルダのアップロードを押してファイルを選択してアップロードします。

step 2. フォルダ/ファイルの左側へカーソルを持ってくるとチェックボックスが表示されます。チェックすると右側にメニューが表示されるので、[タイトル変更]を押します。

step 3. タイトルを変更して完了!

step 4. プレビューしたい画像や動画はウェブブラウザ/ アプリ上で視聴できます!

クラウドにあるファイルをSendyで転送

step 1. 転送したいファイルをチェックします。

step 2. 右側のメニューの[Sendyで転送する]を押します。

step 3. [送信]を押せばリンクが作成できます!

検索機能 & 最新項目

検索機能 : 画面の上段右側の検索窓にファイル/ フォルダ名を検索できます。

最新項目 :  左メニューの[最新項目] から直近にアップロードしたアイテムを確認できます。

フォルダ共有 & 権限設定

step 1. 共有するフォルダにチェックして右側の[共有]をクリック

step 2. 招待したい人物のメールアドレスを入力して権限を設定します。

メールではなく、リンクを作成して共有する方法も選択できます。

(権限は、閲覧可能/ダウンロード可能/アップロード可能/修正可能 の4つ選択できます。)

step 3. 招待された人物はメールで受け取った共有案内のメールから[ 許可 ]ボタンをクリックしたあとに、Sendyクラウドの[ 共有されたフォルダ ]メニューから確認できます。

コメント機能

step 1. コメントを残したいファイルにチェックして、右側メニューから[ コメントを追加 ]をクリック

step 2. コメントを残してフィードバックや意見のやりとりが可能です!

*センディの多彩なクラウド機能でファイルを管理してみてください。保存だけでなく、共有、転送、コメントの交換など、仕事のファイルをより効率的に管理できます。Sendyの3段階セキュリティによって安全なファイル管理はもちろん、共有時には有効期限やパスワードを設定することでより安心してお使いいただけます。

無料アカウントは10GBまでクラウドを利用できます。より多くのクラウドを使用したい場合はSendy PROプランにアップグレードして1TBの豊富な容量をお使いください。Sendy Businessプランでは、1人あたり3TBを提供しています。

仕事のファイル管理に特化した「Sendy Business」には、より効率的に利用できるチームドライブが付属しています。

豊富な容量とファイル共有に特化したSendyクラウドをぜひご活用ください。